MENU

クレジットカードの支払い忘れには注意が必要

クレジットカード,遅延,支払い期限

クレジットカードというのは、とても便利なカードで、さまざまな施設で使用することができます。

 

誰もが当たり前のように所持するようになったクレジットカードですが、利用の際には注意すべき点があります。

 

財布の中に一円も入っていなくても、クレジットカードを持っていれば、欲しいものを買うことができます。クレジットカードを持つことがステータスとなるランクの高いクレジットカードもあり、多くの人に利用されています。

 

どんなクレジットカードを持っているかで、その人の社会的なランクか見えたりもします。
社会的な地位を今よりも上げて、高収入が得られるようになって、よいクレジットカードを持ちたいと考えている人もいます。

支払い忘れがないための対策

クレジットカードを利用して商品こ購入したり、有料のサービスを利用した場合には、代金を支払わなければなりません。
もし支払いを忘れてしまうと、せっかく築いてきた信用を失ってしまうことになるので、十分注意が必要です。

 

もしも、指定口座からの自動引き落としの手続きをしているなら、口座残高が足りなくならないように事前に確認しておきましょう。
支払日に銀行の残高があるかどうか確認するためには、どれだけクレジットカードを利用したかを把握しておかなければなりません。

 

毎月の収入が確実に振り込まれる口座に、クレジットカードの支払い口座を宛てておくことで、カードの精算を確実に済ませることができるようになります。

 

口座の残高が少なすぎて、クレジットカードを使った時の支払いができないということが起きないように、何らかの方策をとっておくようにしてください。


クレジットカードの支払い期限を把握しておくこと

クレジットカードは、一括払いでも借金には違いないので、必ず返済しなければなりません。
決まった日に支払いをしないと延滞扱いになりますので、期日をきちんと守って返済をするようにしてください。

 

クレジットカード会社は、支払期日に口座に請求金額が入っていないと、督促の電話をかけます。
クレジットカード会社からの催促があってから入金していたのでは、大変印象が悪くなるので注意しましょう。

 

もしも、支払いに回すお金が足りないなら、先手を打って自分からクレジットカード会社に電話をし、話を通しておくようにします。
同じ滞納状態でも、クレジットカード会社から電話をもらうのか、こちらから電話をするかは、事情が異なるといえるでしょう。

 

返済に対する対応の仕方次第で、その後のクレジットカードの利用方法において差が生じてくるので、覚えておきましょう。

返済トラブルは以後の審査に不利

返済が一日か二日遅れた程度で、悪質なものではないと相手が思ってくれれば、基本的にはクレジットカードの使用に以後も支障は生じません。

 

クレジットカード会社は、意図的に返済を遅らせて、連絡もしないでその場を切り抜けようとする客には、以後融資は行いません。
延滞などの返済トラブルが生じた場合には、クレジットカードを利用した時の残債務を一括で請求されるので注意をして下さい。

 

万が一にも、口座のお金が足りなくなるといったことが起きないように、毎月口座のお金を補充したり、カード利用額を把握しておく心がけが大事になります。

 

クレジットカードの支払いをスムーズに行うことができず、長期の滞納という事態になってしまうと、その記録が信用情報会社に残ることになり、以後の審査に不利に働いてしまいます。

クレジットカードの支払いの遅延について

クレジットカードは現金を持たずに買い物ができる便利なカードです。
クレジットカードを使えば、財布の中にお金が入っていない時でも、カード利用額いっぱいまでの買い物が可能です。

 

クレジットカードを所有することが当たり前になっているくらい、私達のもとに普及しています。
近年では、クレジットカードが使えない店が珍しいというくらい、大抵の店ではクレジットカードに対応しています。

 

大変便利なクレジットカードですが、買い物をする場合には、どれだけお金を使ったかを随時チェックしておきましょう。
自分がクレジットカードでどのくらいの買い物をしているか知っていないと、請求日が近づいてきてから慌てることにもなります。

 

クレジットカードにはボーナス払いや一回払いなどの種類がありますので、どの方法で支払いをするようにしたのかを必ず覚えておきましょう。

支払いの延滞は信用を落とす要因に

金額の大小はさておき、クレジットカードの支払いをしないでいると、信用に傷がつくでしょう。
ローンや、キャッシングの新規申し込みをする時には審査がありますが、過去の延滞記録は、信用を落とす要因になるでしょう。

 

仮に、信用情報会社に延滞の記録が残ってしまうと、別の金融会社の審査で、それを理由に融資が受けられなかったりします。
少し延滞があった場合でも信用情報に記録が残るケースがあるので、毎月の支払日には、銀行口座の残高をチェックしましょう。

 

カードを使っていないのに、支払いの求めがあった場合は、明細を調べた上で、必要ならば金融会社に相談をする必要があります。

[クレジットカードの支払い期限・遅延しないために必要なこと]関連情報